コーポレートブランディングを正しくする方法の一つは、ブランディングのやることとやらないことを理解すること。次ブランディングを実行するときに、覚えておくいくつかのやることとやらないこと:

 

Branding

 

名前を考えることで疲れ切らないで。

これは、起業家さらに既存企業の最大の愚かなことの一つ。しかし、名前の後の遺産や価値は名前そのものより重要なので、そんなことはまたまだある

名前を選択する時、短い、覚えやすい、そしてブランドになれるものを選んでください。魔法は名前そのものでなく、その後に作る価値にある時間とともに、優れた革新的なサービスを提供して、その名前消費者の心の中に不思議な何かに発展する

鏡の中のイメージを信用しない

部外者からあなたのブランドイメージを評価させてください。外から客観的な意見を受け入れください。ブランディングのアプローチ良いイメージと自信を持っていれば、部外者共響するかどうかを確認してください。ブランドが最も重要外部の顧客に認めなければ、すぐに崩壊する

無理しないで。

いくつかの目標を持こと重要けど、ビジネスプロセスによって達成しないとできないことはブランディングでも達成できない

ソフトなもので取り組んで。

コーポレートブランディング最も重要ものはソフトまたはぼやけたもの。多くは無形けど顧客ターゲットがそれを感じられる。例えば、価値観企業文化、神話、遺産、認識、および報酬。最も永続的な企業のブランドはこれらのソフトの要因に基づく堅い基礎がある

痛みを伴う決定をして。

ブランディングは会社のため選択をすること。会社の全体的な利益のため痛みを伴う選択をする準備してください。

ブランディング本当にする

コーポレートブランディングは、あなたが言うことでなく、実際にあること例えば、顧客に6時間以内にサービスを提供する約束した場合、それを可能にする基盤に投資してください

会社のブランディングのヒントやブランディングのアドバイスについてはwww.corporate-branding.jpをご覧ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *